こんにちは!埼玉県加須市で、屋根の葺き替え・修理など屋根工事を行っている河野瓦店です。
今回は「カバールーフ工法って何?どんなメリットがあるの」をテーマに紹介します。
カバールーフ工法は従来の工法は、また違った特徴を持つ工法です。
ぜひカバールーフ工法について、詳しくなってください。

カバールーフ工法とは?

カバールーフ工法とは、元からある屋根を活かす工法を指します。
元からある屋根の上から新しい屋根材をかぶせていくのが特徴で、近年になり人気を集めています。
カバー材には寿命の長さが特徴のガルバリウム鋼板等が使われ、持ちの良さが魅力です。
今後も需要が高くなることが予想される工法といえるでしょう。

メリット1 工期が短くなる

カバールーフ工法は、屋根を一からつくるのに比べ工期が短く済みます。
元からある屋根の上から屋根材をかぶせるだけのため、時間がかからずに済みます。
屋根材を新しくする際に、最も時間がかかるのが屋根材の撤去です。
屋根材は重く慎重に扱う必要があるため、サクッとどかすといったことはできません。
そのため屋根材を撤去する手間が省けるだけでも、大幅な工期の短縮につながるのです。

メリット2 エコにつながる

屋根を新しくする際に撤去された屋根材は、廃棄されます。
中には「まだ使えそう」と思わせる屋根材も少なくありません。
カバールーフ工法は屋根材を撤去しないため、エコにつながります。
「まだ使えるものは使う」そんな気持ちにさせてくれる工法です。
まだ使える屋根材を、大切にしていきませんか。
興味を感じたら、河野瓦店にご相談ください。
カバールーフ工法の特徴を、より詳しくご説明します。

河野瓦店では新規お取引先を募集中です

河野瓦店では新規お取引先を募集中です。
屋根工事や雨樋工事のご要望はありませんか。
屋根や雨樋の劣化を放置すると、建物の安全性を損ねます。
「屋根から雨漏りする」「外壁に汚れが付く」そんなリスクを避けるためには、早めの対策が必要です。
屋根や雨樋の状態が少しでも気になったら、早めに対策を行っていきましょう。
住まいのトータルサポートのことなら、河野瓦店にお任せください。
住まいの悩みを解決して、豊かな暮らしを実現していきましょう。
分からないことがあれば、何なりとご相談ください。
お問い合わせは、電話またはお問い合わせフォームから可能です。
「建物の安全性を高めたい」そんな依頼主様からのご相談をお待ちしております。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


河野瓦店
〒347-0058 埼玉県加須市岡古井355
TEL:0480-62-1880 FAX:0480-88-7208
※営業・勧誘電話はご遠慮ください